裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

高速大量回転法の実践過程7

高速大量回転法実践家のデビっちんです。

 

今日は、雨ですね。

日付が変わりそうなので更新します。

目指せ連続記録!

 

明日からは、朝の読書前に更新するこにします。

 

それでは、続きです。

高速大量回転法の実践過程1 - 裏の高速大量回転法

高速大量回転法の実践課程2 - 裏の高速大量回転法

高速大量回転法の実践課程3 - 裏の高速大量回転法

高速大量回転法の実践課程4 - 裏の高速大量回転法

高速大量回転法の実践課程5 - 裏の高速大量回転法

高速大量回転法の実践過程6 - 裏の高速大量回転法

www.kousokutairyoinfo.com

 

今回は、5月下旬~6月下旬の読み方です。

ここでの読み方2 5月下旬~6月下旬

■『合格る技術』を読んで、合否を分ける重要なあること「わかるところ/わからないところを分けること」がわからず、また、『どん速』の「音にしようとしない」「わかろうとしない」が最初はどういった感覚かわからず何度も本を読んだ。わかろうとして何度も本を読んだ。しかし腑に落ちない。でも高速大量回転法の2大原則が自分の中の軸だったので、いつかわかればいいやと思って過去問の回転を続けた。気分がのらないときに、過去問を少し回転したは気分転換がてら本を読んだ。5月下旬から6月下旬まではわからなく、わかりたいと思っていた。6月下旬に通関実務の分類対策をするため、ブログでも紹介されていた「渡辺式記憶術」を購入。結合記憶法と連想記憶法を取り入れた。これはすぐに実践できた。

一発逆転!ワタナベ式記憶術

一発逆転!ワタナベ式記憶術

 

 

「わかるところ/わからないところを分けること」、「わかろうとしない」ことにこだわり過ぎずに、回転を止めなかったのが良い結果になりました。

目的は、高速大量回転法を正しくやることではなく、試験に合格することです。

いつの間にか目標ってすり替わりってしまうこともあります。

目標は、紙に書いてよく目につくところに貼りましょう!

 

□イメージ記憶は強力です。宇都出さんのブログで部分的に使うのが効果的とあったので、1~100番くらいある分類問題対策に活用しました。連想すると暗記も楽になりました。

 

次回は、「わかるところ/わからないところを分けること」、「わかろうとしない」がわかったときです。

 

www.kousokutairyoinfo.com

 

今、東京は雨です。

千葉さんが仕事を始めました。

今日は何の音楽をきいているのでしょう?

 

それでは今回はこのへんで。

 

デビっちんでした♪