裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

わからない→わかるを細分化

でびっちんです。

 

おはようございます!

 

朝晩の冷え込みが厳しくなり、なんかやっと冬っぽいなという今日このごろです。

 

今朝も基本情報技術者の過去問をだらーっと回転していたときに気づきました。

あ、ビジネスの要素も高速大量回転法の考え方に含まれているんだなー、と。

経営戦略も出題範囲なんですね(汗 

 

プロダクトポートフォリオマネジメントって言葉があります。

PPM(Product Protfolio Management)

 

ビジネスを、問題児、花形、金のなる木、負け犬の4つの象限に分類します。

この4分野にバランスよく経営資源を配分していくマネジメント手法です。 

 

         f:id:deviching:20160116074959g:plain 

 

PPMの考えでは、金のなる木の利益を問題児に投入して、花形にしていきます。

 

この図から高速大量回転法を説明していきましょう。

 

縦軸の市場経済率を、試験に必要な重み

横軸の市場占有率を、ストックの量

 

としてみたら、いかがでしょうか?

 

金のなる木は、すでにわかっていることとすると

 

金のなる木=わかっていること

問題児=わからないこと

 

そうすると、花形は試験までに覚える必要がある知識となります。

 

花形=わからないことがわかるようになった状態

 

金のなる木は、すでにわかっていることなので、

脳のリソースをあまり使わなくてすみます。

 

利益=使わない脳のリソース

 

ですね。

 

上の図の下で書いたことをもう一度書きます。

 

PPMの考えでは、金のなる木の利益を問題児に投入して、花形にしていきます。

 

 

変換してみましょう。

 

わかることには脳のリソースを使わなくてすむので、

使わなかった脳のリソースをわからないことに投入して

わからない→わかるようにする

 

今回はビジネス面の例えで、わからない→わかるを説明してみました。

 

わかっているとは思いますが、負け犬には投資してもリターンは少ないですよ。

出題頻度低いのに脳のリソースをめちゃくちゃ使わないといけないです。

俗に言う、難問ってやつですね。

 

それでは、ステキな週末をお過ごしください!

でびっちんでした♪