裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

読むスピードを変化させてみよう

でびっちんです。

 

おはようございます。

 

日中暖かくなってきて花粉症の人は大変な季節になってきました。

花粉症やアトピーにはキスが効果的ってどこかで読んだ気がします。

 空が黄色く見えるようなときがあるくらいスギ花粉が多い所に僕の実家はあるのですが、花粉症ではないです。

花粉症の人からは「いつかなるぞー」と言われていますので、僕が発症するころにはきっと特効薬とか色々あるといーなー。

 

突然ですが、あなたは高速道路を運転したことはありますか?

高速道路をしばらく走ってから一般道を走ると、特にスピードを出そうと思っていなくてもついついスピードが出過ぎちゃったことはありませんか?

そして一般道の制限速度にすると、計器は50kmを示しているのに30kmくらいに感じて、なんかすげーゆっくりだなーと周囲の景色がやたらはっきり見えちゃったりします。

 

それはそのスピードが脳に馴染んでしまったからなんですね。

 その体験をそのまま高速大量回転法に活用しましょう。

 

高速道路                          =  意図的に速く読む

高速道路走行後の一般道 =  速く読んでいるつもりはないのに、速く読めている

 

意識して速く読めるようになったら、ゆっくり読んでみる。

自分ではちょっとゆっくり読んでいるつもりでも、以前より速く読むことができているはずです。自分の感覚なんてあてにならないんですね。

読むスピードを客観的に把握するためにも、定期的に計測していくのが吉です。

 

高速大量回転法というと、大量のくり返しのために速く読むことを意識する必要があります。しかし、たまには読むスピードを遅くしてみるのも必要なんですね。

 

行き詰まったら、真逆のことをしてみる。

意外と効果ありです。

 

速く読むことができるようになったレベルで、ゆっくり読んでみると、それまでとは違った新たな感覚が味わえますよ。

わかっていると思いますが、ゆっくりは止まらず読むスピードだけを少し遅くしてみるってことです。

 

 思い出しましょう。

高速大量回転法でコントロールできる2つの変数は、

範囲と読むスピードです。

 

理解力とか暗記力とかはコントロールできませんよ。

それらはいつの間にか高まっているもんだと思うと心が救われます。

 

ではでは今日もよい一日になりますように。

 

でびっちんでした♪