裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

比率を徐々に変えていく

でびっちんです。

おはようございます!

最近は本を読むのが速くなってきました。
文字を入力するのも速くなってきました。
なんだか一段階成長できた感じがします。


さて、今回は僕がショートカットキーをマスターしたお話です。

僕は今仕事中にマウスをほとんど使いません。
ちょっとは使いますよ。
でも全PC操作の割合からしたら、20%以下です。

マウスとキーボードを往復する時間がないので、生産性が高いです。


でも、当然ですが、最初からできたわけではありません。
特にショートカットキーを使い始めようとした当初は、ムキーとかなって、むしろ生産性が落ちました。


しかし、最終的にはショートカットキーの方が早いと知っています。どうしよう?


いきなりマウスなしは難しい。
しかし、ショートカットキーを使わなければ、ショートカット操作が早くならない。


そこで、僕が考えたのは、


ある一定の時間を決めて、その時間はショートカットを中心に仕事する


です。


ショートカットキー < マウス
ショートカットキー = マウス
ショートカットキー > マウス


と、徐々にショートカットを中心にする比率を高めていくことにしました。


少しづつを継続していったら、2ヶ月後にはねずみさんにお世話になることは劇的に少なくなりました。


ショートカットと同様に、日本語の最速入力と言われている親指シフトもマスターしました。


この2つのスキルをマスターしたことを考えると、ほぼ間逆な方法を用いることに対して、この比率を変えていくという学び方は有効である気がします。


高速大量回転法的読み方 < 従来の読み方
高速大量回転法的読み方 = 従来の読み方
高速大量回転法的読み方 > 従来の読み方


という段階を経て、マスターできる人もいるかもしれません。
ま、いきなりできちゃう人もいるかと思いますけどね。



それでは今回はこのへんで。

比率を変えていくことを意識してみてください


でびっちんでした♪