裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

質問して引き出しを開けてもらおう

でびっちんです。

おはようございます。

5月ももうすぐ終わりで、これからジリジリだったりジメジメだったりと暑い日が続きます。
朝の涼しい時間を有効活用していきたいですね。

と思ったら、今日は29日、にくの日じゃないですか!
29日って色々とお肉屋さんでお得なイベントやってますよね。
その分混むので本当にお得なのかは疑問がありますが。。。


さて、今回はとあるセミナーのお手伝いをしていたときに気づいたことをシェアします。


セミナーの講師って、当然ですが講義中に持っている知識をすべて話しているわけではないです。
講師の人はその日の受講者のレベルを感じ取って、このくらいだろうなという話をしています。

実はもっと深い内容を話せるんですが、時間の関係だったり、1対多なので全体の満足感を優先させたりで、絞って話をしているんですね。


喋ろうと思えばいくらでも喋れるんです。


ですから、質問して講師の引き出しを開けてもらいましょう。
わからないから質問するのではなく、わかっていることを角度を変えて質問してもいいと思います。
その質問がきっかけとなって思ってもみなかった話が聞けるかもしれません。


僕も質問を受けたら嬉しいので、この人にはもっと伝えてあげたいなと感じます。


高速大量回転法をくり返す中で問を立てる習慣がでると、
セミナーでも質問できてお得な気がします。


それでは今回はこのへんで。

でびっちんです♪