裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

観察すること、気づくことが、高速大量回転法習得へのファーストステップ

高速大量回転法実践家のデビっちんです。

おはようございます。

明日から会社指定の泊まりこみの研修です。
新たな出会いと自分自身の発見を楽しみに、学んできたいと思います。
何か高速大量回転法のヒントも得られるかもしれません。
(オイッ、それは目的ではないだろー)

さて、今回は言葉は簡単ですが、実践が難しい内容です。

高速大量回転法で読んだ後、自分自身がどんな反応だったか観察する
そのことをやっていますか?

観察なしの実践は、惰性での行動となる可能性がある

観察できていない人は、これから何をやっても加速度的に成長することは難しいのかなと感じています。
というのは、観察して気づけないと、何がどう変化しているかわからないからです。

その行動によって、ちょっとでも目指している方向に進んだのか?あるいは、後退したのか?

そこに少しでも気づくように意識を向けないと、ただただ惰性で学びを継続してしまうことに陥りかねないです。
ちょっと厳しい言い方だったかもしれませんが、現実の自分としっかり向き合いましょう。

観察して自分の反応がわかるから次の選択ができる

自分自身を観察できたら、次のことをしてみましょう。

なんとなくいい感じ→ そのまま進めてみる
なんだか変な感じ → 余計なことを減らしてみる
           足りない要素を加えてみる

以下の本でも強調されていますが、
本を読んだら、自分を読み(観察して)ましょう。

本を読んだら、自分を読め

本を読んだら、自分を読め


自分がどんな状態、感覚になっているかを観察できなければ、次の一手を打つことができませんよね?
もちろん最初から何でも気づくことは難しいですが、くり返して観察することでその変化を知覚しやすくなります。

観察、気づきが、すべての学びを加速させる

観察すること、気づくこと、
これは高速大量回転法の学びだけでなく、人生全般に活かせることだと強く確信しています。

観察する、気づくためにおすすめの本をピックアップしてみました。
よかったら読んでみてください。
www.kousokutairyoinfo.com


それでは今回はこのへんで。

デビっちんでした♪