裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

まずは守らないと

でびっちんです

おはようございます。

茶道とか武道とか道がつくものに、守・破・離という考え方があります。
道ではなく、ビジネスの世界で知っているという人も多いかと思います。
え?何それ?という人は、以下を見てみてください。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/守破離

ザクッと簡単に説明します。
守・・・・・・型を守る
破・・・・・・型を破る
離・・・・・・型から離れる

道で説明すると、
師匠の型を真似する
師匠の型を破り自分オリジナルの型を生み出す
師匠から離れて自分の流派を築く
という感じです。

仕事だったら、師匠を上司だったり、仕事を教わる先輩と読みかえてみてください。

というように、物事の学習プロセスは、守・破・離の順で行うのが先人が伝えてくれている叡智です。


宇都出さんのブログのコメント欄を見ていて感じるのは、守ができていない人が多い気がします。

仕事でもそうですね。
僕がこやつは仕事ができると思った同僚や後輩は、教えられたことを素直に実践しています。

高速大量回転法のマスターに話を戻すと、本の内容を素直に実践していない人が多いのかなと。

例えば、
本をバラすことをしない
プロッキーを使わない
などです

教えられたことを愚直に実践しないで、自分なりのやり方について質問する人の気が知れません。

自分なりの方法論をやるんだったら、勝手に自分でやってくださいって感じです。

守を徹底的にやっていないのに、できません、どうしたらいいですか?っていうのは僕が思うに、ナシです。

KTK法だけでなく、その他のスキルを含めて、
マスターできる人とそうでない人との大きな違いは、師の教えを愚直に実践できるか、そうでないかだと僕は考えています。

方法論を創出した人以外に複数名実践できている人がいたら再現可能なわけで、相性云々の前に教えを素直にやれているかどうかを考えるべきです。

プロッキーで書き込むことができない、本をバラす
ことができなかったら、KTK法のマスターは遠のくばかりですし、豊かな人生も遠のくでしょう。
だって、その程度のことができなかったら、この先の人生でもっと重い選択なんてできっこないでしょうから。

プロッキーを使って書き込む、本をバラして範囲を狭める、その上で自身の感覚と向き合いましょう。

まずは守です。
その次に破があります。

仕事でもいますよね。
いきなり自分流のやり方をやって失敗しちゃう人。
その人曰く、こういうやり方のほうが効率的ですよ。

そんな人にはこう言いましょう。

確かに客観的に見て(初めてやるからまっさらな目で見える)そうかもしれないけど、最初の何回かは手順通りにやってみてください。
ただ、その最初に感じたことは、忘れちゃうともったいないのでどこかにメモしておいてください。

実際にやってみて、それが習熟したら、メモしておいたことをやってみてください。
で、どちらがいいか考えてみてください。

[1]教えられた通りの方がいい
みんな最初はそう(メモした内容)言うんだよね。
でも、先人たちがブラッシュアップして行きついたのがこのやり方なんだよね。

[2]メモしたやり方の方がいい
お、いい改善になるかもしれないね。
他の人にもその内容を説明してやってみてもらおう。
やっぱり、新鮮な目があると違うね!

ここでいう、[2]が破です。
教えをそのまま実践してから、さらなる改良を加えるです。

教えられたことをやらずに、自分なりにやるなら、以降は教わらないでいいんじゃないですか?
だって教わっても、なんだかんだ理由つけてどうせやらないでしょ?

仮に、そのオリジナルの方法について熟練者からアドバイスをもらえたとしても、それは本質からは外れたモノになってしまうかもしれません。

そしてそして、自己流のやり方の方が効果的でも、それは部分的な効果かもしれませんよ。
部分を積み重ねても全体にならないように、一部の部分的な効率化が全体のバランスを崩す恐れもあります。

だから、まずは教えられたことを素直に実践しましょう。
あなたなりの型を披露するのは、その後でも遅くないはずです。



それでは今回はこのへんで。

でびっちんでした♪