裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

『なるほど!合格勉強術』の裏の読み方

高速大量回転法実践家のデビっちんです。

おはようございます。

なるほど! 合格勉強術』という本があります。
今回はこの本の読み方を2パターンに対比してご紹介します。

1.処方箋として活用する

2.デビっちん流活用法

1.処方箋として活用する

この本を簡単に説明すると、長年の(発売当時までのデータ)フィードバックを分析し、KTK法取得に於ける陥りがちなポイントを補強してくれる内容となっていると言えるかと思います。

もっと言うと、高速大量回転法をベースに、合格する勉強を思い出させてくれる言葉が記載されているとも言えますね。

KTK法は従来の勉強とは違った行動が必要です。
ですから、理論を理解したと思っていても、ついつい元の読み方に戻ってしまいがちなんですね。

KTK法で読んでいる中で、なんだかしっくりこないなというときがあるかと思います。
そんなときは、本書の目次から今自分が陥っている内容を見つけ、その解決策を図るために辞書的に使えばいいんです。

もし、問題を特定できていなくても、もちろん利用価値は大いにあります。
見開き4ページで1項目の解決策が記載されている構成を利用しましょう。
どこから読んでもKTK法のエッセンスを得られます。

自身の問題を特定できていれば、めちゃくちゃ効果的ですね。
目次を回転するだけで、「そうだった!」と思い出す確率が高まりまから。

え?本1冊は持ち歩けない?

KTK法を習得しようという人が、そんなことを言うとは思えませんが、、、
対策を紹介しましょう。

[a]本をバラして目次だけ持ち歩け!
[b]目次をコピーして持ち歩け!
[c]付録の紙を持ち歩け!

1日に数回、目次を回転しましょう。
目次を見てその内容を語りましょう。
そして、気になった項目の本文を読み直しましょう。

以上が王道の読み方です。

2.デビっちん流活用法(裏読み)

えー、本書を読んだときの最初の感想を記載します。

あー、もっと早く出会いたかった。
というのは、ターゲットとしていた資格試験の合格発表の後に発売されたからです。
資格試験の勉強を通して高速大量回転法の実践中に、何度も再読した内容がコンパクトにまとまってるじゃないですか。
見開き4ページで1項目だから、どこから読んでもいいし、スキマ時間で読めちゃうよ。
これがあったら便利だっただろうな。

と同時に、どこから読んでもいいってことは、こう言えるとも思いました。
KTK法を知らない人がこの本を最初に読んだらちょっと混乱するかも?という感想が思い浮かんだんです。
さらに、50項目も最初から全部気にとめられないなとも。

そこから、自分が教える立場だったら、この本をどういう順番で読むように指導するだろうか?という問を立ててみました。

で、僕だったらこういう順番で最初は読んでみてくださいというのが、これです。

と、その前に50項目は初級者が意識する量としては多いので数を絞ります。

どれくらいの数に絞ったらいいかというのは、パレートの法則を活用してみましょう。
50項目の2割ですから、10項目ですね。

問題の切り口としては50項目に分かれていても、初心者用に教えるなら同じ項目として説明できるものもありますしね。

で、こんな感じで読んでみてねーってのがこれです。

[7][14]
  ↓
[19][20][43][44]
  ↓
[31][33]
  ↓
[40][46]

あくまで一例です。
そもそも正解なんてありません。

まずは欲張らずに範囲を絞って、10項目の反応スピードをあげましょう。
見た瞬間に、あぁアレね!っていうくらいになる項目が4〜7くらいになったら、範囲を広げてみましょう。

切り口が違うだけで本質は同じこと言ってるんだよね!という項目がわかってくると思います。
それらを組み合わせて自分だけの内容に編集しましょう。


それでは今回はこのへんで。

デビっちんでした♪