裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

止まらないことが重要、その効果を高める別の言い方はこちら

高速大量回転法実践家のデビっちんです。


高速大量回転法、もとい、KTK法の特徴の1つに「止まらない」という項目があります。

これは、ゆっくりじっくり時間をかけて読んでも、実はそれほど理解しているとは限らないということです。

宇都出さんの別の言葉で言えば、

精読幻想

だったり、

報われない努力

といった内容で説明されています。 


で、「止まらない」を実践するために

止まらない、止まらない、止まらない……

と意識して読んでも、やっぱり止まっちゃうよ〜という人は、以下の言葉に変えて実践してみてください。

止まらない

先に進む


あるいは、

飛ばす、後で戻ってくる

というような言葉でも良いと思います。


というのは、脳は否定型を理解できないからなんです。

止まるな = 止まれ

と、伝わってしまっているわけです。


○○しないでね、というお願いは望んだ効果を発揮してもらいにくいんです。

郵便ポストに入れるのを忘れないでね

というお願いがあれば、

郵便ポストに入れてね

というお願いをした方が良いです。
それでも入れ忘れちゃう人は多いと思うんですが、忘れないでねとつけ加えると、忘れてねという内容で上書きされてしまいますから。


ちょっと言葉ではイメージできないという人は、脳の中にダチョウ倶楽部さんがいると思ってください。

熱湯風呂のネタがわかりやすいですね。

「押すなよ」「押すなよ」

で、押しちゃうというやつです。


今回、「止まるな」という言葉を例に説明しましたが、他のKTK法の要素や別のスキルでも同じです。

よかったら、実践してみてください。


それでは今回はこのへんで。

デビっちんでした♪