裏の高速大量回転法

KTK法習得へのヒントや読書から得た体験を発信していきます

試行錯誤は、いつ?どんなときに?

高速大量回転法実践家のデビっちんです。

 

KTK(高速大量回転)法に限らず、他のスキルを学び習得するときに「試行錯誤」という言葉避けて通れないのは誰もが体感しているかと思います。

 

それこそ試行錯誤なく身についたスキルがあったとしたら、それはもともと備わっていた能力だったり、本当に必要とはしていなった内容なのではないでしょうか。

 

今回、この「試行錯誤」という言葉を、デビっちん的にもう少し掘り下げて解説してみます。

 

いつ試行錯誤するか?

 

いきなり結論めいたことを言うと、試行錯誤は余裕があるときにしましょう。

 

なぜなら、全力を尽くしている時って試行錯誤はできないですから。

上手く行くかどうか分からないけどちょっと試してみる、それが試行錯誤です。

 

逆に言えば、翻って上手くいかない可能性もあるわけです。

そんなときに、これはダメだったかと前の状態にサッと戻せる余裕がないと次に何をしていけばいいかわからなくなってしまいますよね。

 

そのためには、身体や脳のリソースに余裕がないといけません。

全力を尽くしている時ってそれがない状態なんですよね。

ですから、普段からがんばって全力を尽くしちゃダメなんです。

 

どう試行錯誤するか?

いつ試行錯誤するかがわかったら、次は何をどれだけ試行錯誤するかです。

これは、過去に少し触れていました。 

www.kousokutairyoinfo.com

 

再度、簡単に紹介します。

3~7バランス理論です。

 

今の自分を0、なりたい姿を10として、いきなり10の行動をすると挫折します。

俗に言う3日坊主という状態です。

それは、無意識が反発するからです。

意識にとっても無意識にとっても、それなりに満足感を得られるのが、3~7の範囲で行動をすることです。

 

例えば、「毎日30分本を読む」という行動を達成したいのであれば、9分~21分本を読むことから始めるということです。

 

気分がいいから、調子がいいからといって、この範囲を超えてやらないのが長続きの秘訣です。

そして、少しずつその行為に慣れてきたら、時間を伸ばしていけばいいのです。

上の例で言えば、読み慣れて読書体力がついてきたら時間を1時間なり2時間にしていくということです。 

 

詳しくは、こちらの本を読んでみてください。

日々過酷な任務を担っている自衛隊のメンタルヘルス教官が、心の疲れをとる方法を教えてくれています。

 

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術

 

 

身体よりも心を病むことが多いこのご時世、自分だけでなく、自分の近くの人たちのためにも知っておくと役立つと思います。

 

 

 

それでは今回はこのへんで。

 

デビっちんでした♪