裏の高速大量回転法

KTK(高速大量回転)法のやり方、習得へのヒントを中心に発信していきます

思考タイプを切り替える

f:id:deviching:20180908111319j:plain

 

高速大量回転法実践家のデビっちんです。

 

KTK(高速大量回転)法を実践していても、なかなか習得できない人は、スキルを習得しにくいマインドセットになっているからかもしれません。

自身の考え方を知るには以下の本がおすすめです。

マインドセット「やればできる! 」の研究

 

マインドセットとは物事の考え方や価値観でして、2種類のマインドセットについて言及されていました。1つは「硬直マインドセット」で、もう1つが「しなやかマインドセット」です。

2つの考え方を理解することで、新しいことを受け入れやすい思考タイプを取り入れやすくしてみましょう。

 

 

硬直マインドセット

1つ目の考え方は「硬直マインドセット」で、自分の才能は先天的に決まっており、努力しても伸ばせないという考え方です。

 

しなやかマインドセット 

もう1つは「しなやかマインドセット」で、失敗しても粘り強くがんばり、学び続けることで才能を伸ばすことができるという考え方です。

 

誰もが両方のマインドを兼ね備えている

マインドセット「やればできる! 」の研究の中では、2つのマインドは時間や場所、シチュエーションによって、どちらのマインドが出やすいかという記載がありました。

つまり、1人の人間の頭の中は、どちらのマインドタイプかではなく、2つのマインドを兼ね備えています。

 

KTK(高速大量回転)法を実践してみて、

 

あー、やっぱりなんだかできている気がしない。

やっぱり、この方法合ってないのかもなー

 

と感じたときは、

 

硬直マインドでてきちゃったかな

しなやかマインドでもう少しだけやってみる

 

というように切り替えてみてください。

 

それをくり返すことで、いつの間にかKTK(高速大量回転)法をマスターできるはずです。

そのときには、しなやかマインドセットが多くあらわれる状態の人間になっていると思います。

 

 

まとめ

人間の思考様式には2つのマインドセットがあります。

1. 硬直マインドセット

2. しなやかマインドセット

2つのマインドセットを人間は兼ね備えていて、切り替えることが可能です。

 

それでは今回はこのへんで。

 

デビっちんでした♪