裏の高速大量回転法

KTK(高速大量回転)法のやり方、習得へのヒントを中心に発信していきます

音にしようとしない【高速大量回転法】

f:id:deviching:20180904174810p:plain

高速大量回転法実践家のデビっちんです。

 

今年は台風が多いですね。。。

被害にあわれた方の一日も早い回復をお祈りしております。

 

今回、KTK(高速大量回転)法実践の上で、つまづくと思われる、

「音にしようとしない」

について深掘りしてみます。

 

何を隠そう、この「音にしようとしない」は僕も最初はよくわからなかったところでした。

www.kousokutairyoinfo.com

自分が書いた内容ですが、引用してみます。

□音にしようとしない、わかろうとしないがわかりませんでした。

この2つの内容は、どんな感覚かわからず悩みました。頭の中で音が響く感じ?どんな感じだよ?黙読とは違うんですよね?とかって感じでした。

なので、ほっときました。大事なのは止まらずに回転を続けることと自分に言い聞かせました。

今はわからなくていいやと思いつつも、やはりわかりたい(笑)

回転の間の休憩時間には該当箇所を何度も読みました。

 

これをどう解釈、対応していったかを説明していくんですが、その前に1次情報を確認することから始めましょう。

 

 『どん速』の記載

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

少し長くなりますが、引用します。

◎文字を音にする癖をなくす

……略……

・音にして読む癖(音読、もしくは黙読する癖)

今この瞬間、あなた自身にこの癖は出ていませんか?

……略……

 音にしようとしなくても、この文章の意味をつかむことができたはずです。

なお、音をすべてなくす必要はありません。音にしようとするのをやめるだけです。すると、まったく音がなくなったわけではなく、頭の中で何か音が響いているような感覚になったかもしれません。

このように、私たちは、音にしなくても意味がつかめるにもかかわらず、本など、長い文章を読む場合には特に「音にして読む」癖が出てしまいます。

音にするためには、一文字一文字に意識が行って、視野は狭くなってしまいます。また、音にしようとすることで時間がかかり、眼の動きは遅くなってしまうのです。

 

これをサラッと読んで、「音にしてはいけない」と僕は誤読をしてしまいました。

音にしないで、どーやって読むんだ?

見た瞬間、その単語や文章の映像が頭の中にイメージするようになるのか?

頭の中で音が響くってどういう感覚だ?

黙読とは違うのか?

というような感想を持ったんですね。

 

で、何度も何度も読んで考えに考えて考えてみたんですが、やっぱりわからない(悲)

ですから、上に記載したようにほっときました(笑)

 

これがわからなきゃ、高速大量回転法じゃないわけじゃないし、試験合格するためには絶対条件ではないなと思ったからです。

 

でも今なら、少しだけ深くお伝えできると感じています。

 

「音にしようとしない」裏の高速大量回転法的対応

わからないところにこだわらず、「音にしようとしない」についてほーっておいたんですが、いつかはやっぱりわかりたいという執着心がありました。

 

 『どん速』のおかげで読書するのがますます楽しくなって、月に何十冊と読んでいくうちに「音にしようとしない」ってこうすれば体験できる!?と気づいたんです。

それは、

 

音にするのが面倒くさいと思えるようになるまでくり返す

 

最初は音にして読んでいても、もっと速く読みたいという意識を持ちながら何十回とくり返して読んでいくと、「わざわざ音にするの面倒くせーな」と感じてきます。

音にする時間がなかったら、もっと先まで読めるんですから。

 

記憶を思い出してみてください。

『どん速』にも出てきた「しょうゆラーメン」の内容も、言葉を覚えたての子どもの頃は、音にしてゆっくり読んでいたと思うんですよ。

何度も何度も同じようなメニューを見て、あるいは、聞いたりしているうちに、それが自身のストックとなって、視読できるようになったんだと思います。

 

『どん速』を再度読み直しみると、

 

なお、 音をすべてなくす必要はありません。

 

って、ちゃっんと書いてありますしね。

 

「音にしようとしない」習得プロセス

「音にするのが面倒くさいと思えるようになるまでくり返す」と記載しましたが、最初から音にして読むのがそもそも面倒いんだよね、と感じるかもしれません。

はい。僕も先が見えないプロセスを進むのはシンドイです。

そこで、面倒と感じなくても、同じような感覚になる方法を考えました。

 

それが、これです!

 

1.いつものスピードで音にして読む、録音する

2.録音したものを2倍速で再生しながら読む

3.録音したものを3~4倍速で再生しながら読む

 

これくらいやれば、音にするのが面倒という感覚になれるじゃないかと思います。

ボイスレコーダー購入しなくても、今はスマフォにも録音機能と倍速機能とかあるんで、ハード面のハードルは低いはずです。

あ、本全部じゃなくて特定の1章だったり段落だったりで良いですよ。

 

なんでこの方法が効果的なのかというと、速読の本を何冊か読んでいると、声に出して読むことをワークとしている内容が重複していたことに気づいたんです。

ですから、何かしらの効果があるんだろうなと思っていたんですが、きっと「音にしようとしない」の感覚を体験するためなんだと思います。

 

実は、このやり方は、『どん速』にも記載されていたんです。

疑似速読訓練が記載されているところです。(文庫版 P.52)

是非、再読してみてくださいね!

 

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

 

 

それでは今回はこのへんで。

 

デビっちんでした♪