裏の高速大量回転法

KTK(高速大量回転)法のやり方、習得へのヒント、読んだ本を中心に発信していきます

音にしようとしない【実践経験から解説】取得プロセスも記載

音にしようとしないタイトル説明
 

音にしようとしないってどんな感じ?

具体的にどうすばいいかわかるといいんだけど……

 

KTK(高速大量回転)法で紹介される速読するための要素の1つ、

 

「音にしようとしない」

 

について実践経験から解説する記事です。

  

KTK(高速大量回転)法実践家のデビっちんです。

 

「音にしようとしない」ためには、

いちいち音にするのが面倒くさくなるまでくり返し音にする

ことが1つの解になります。

 

「音にしようとしない」ことについて理解を深め、読書ライフを楽しみましょう! 

 

 

デビっちんも「音にしようとしない」がわからなかった

この「音にしようとしない」は、デビっちんも最初はよくわからなかったところでした。

 

詳しくは、こちらの記事です。

 

KTK(高速大量回転)法を習得しているプロセスを当時と習得後の視点からお伝えしています。 

www.kousokutairyoinfo.com

 

自分が書いた内容ですが、引用してみます。

□音にしようとしない、わかろうとしないがわかりませんでした。

 

この2つの内容は、どんな感覚かわからず悩みました。頭の中で音が響く感じ?どんな感じだよ?黙読とは違うんですよね?とかって感じでした。

 

なので、この要素はほーっておきました。スルーしちゃいました。

 

大事なのは止まらずに回転を続けることと自分に言い聞かせました。

 

今はわからなくていいやと思いつつも、やはりわかりたい(笑)、というのが当時の正直な感想です。

 

回転の間の休憩時間には該当箇所を何度も読みました。

 

これをどう解釈、対応していったかを説明していくんですが、その前に1次情報を確認することから始めましょう。

 

 「音にしようとしない」が解説されている本

「音にしようとしない」は、『どんな本でも大量に読める速読の本』で解説されています。

 

少し長くなりますが、引用します。

◎文字を音にする癖をなくす

……略……

・音にして読む癖(音読、もしくは黙読する癖)

今この瞬間、あなた自身にこの癖は出ていませんか?

……略……

音にしようとしなくても、この文章の意味をつかむことができたはずです。

 

なお、音をすべてなくす必要はありません。音にしようとするのをやめるだけです。すると、まったく音がなくなったわけではなく、頭の中で何か音が響いているような感覚になったかもしれません。

 

このように、私たちは、音にしなくても意味がつかめるにもかかわらず、本など、長い文章を読む場合には特に「音にして読む」癖が出てしまいます。

 

音にするためには、一文字一文字に意識が行って、視野は狭くなってしまいます。また、音にしようとすることで時間がかかり、眼の動きは遅くなってしまうのです。

 

出典:『どんな本でも大量に読める「速読」の本』 P. 44~45  著:宇都出雅巳 

 

この部分を読んでしばらくは、

 

「音にしてはいけない」

 

とデビっちんは誤解していました。

 

音にしないで、どーやって読むんだ?

見た瞬間、その単語や文章の映像が頭の中にイメージできる?

頭の中で音が響くってどういう感覚だ?

黙読とは違うの?

 

というような感想を持ったんですね。

 

何度も何度も読んで、考えに考えて考えてみたんですが、やっぱりわからない(悲)

 

なので、この要素はスルーしてやれることをやろうと思ったのが、上でご紹介している実践中でした。

 

この「音にしようとしない」がわからなきゃ、試験に合格できないわけじゃないですし、あくまで本を速く読むための補助要素と考えて前に進みました。

  

「音にしようとしない」裏の高速大量回転法的対応 

でもやっぱり、「音にしようとしない」について、「わかりたい」「できるようになりたい」という執着心がありました。

 

何度も何度も該当部分を読み、考え、実践し続けました。

 

 『どん速』のおかげで読書するのがますます楽しくなって、月に何十冊と本を読めるようになりました。それが何ヶ月か続いた後、急に

 

「音にしようとしない」ってこうすれば体験できる!?

 

と気づいたんです。

 

それは、

 

音にするのが面倒くさいと思えるようになるまでくり返す

 

最初は音にして読んでいても、もっと速く読みたいという意識を持ちながら何十回とくり返して読んでいくと、 

わざわざ音にするの面倒くせーな

と感じくるようになったんです。

 

音にする時間がなかったら、もっと先まで読めるんですから。

また、KTK(高速大量回転)法を実践していたからこそ、気づけたことです。

なぜなら、同じ本を何度もくり返し読む中で発見できたことだからです。

 

記憶を思い出してみてください。

 

『どん速』にも出てきた「しょうゆラーメン」の内容も、言葉を覚えたての子どもの頃は、音にしてゆっくり読んでいたと思うんですよ。

 

何度も何度も同じようなメニューを見て、あるいは、聞いたり音にすることをくり返す中で自身のストックとなって、視読できるようになったんです。

 

音をすべてなくす必要はない

実は、『どんな本でも大量に読める速読の本』に答えは既に記載されていました。

 

なお、 音をすべてなくす必要はありません。

 

出典:『どんな本でも大量に読める「速読」の本』 P. 45  著:宇都出雅巳

 

ちゃんと書いてありましたから。

 

読み違いもありますし、わかったと思ったことが再読してわからなくなることもあります。

 

ですから、くり返し読み続けることで新たな発見があります。

 

「音にしようとしない」習得プロセス

「音にするのが面倒くさいと感じるようになるまでくり返す」

 

結論はこれです。

 

ではどうすれば、

 

そう感じるようになるか?

 

という問いが立ちます。

 

その解決方法として以下のことと試してみてください。

 

  1. いつものスピードで音にした声を録音する
  2. 録音したものを2倍速で再生しながら読む
  3. 録音したものを3~4倍速で再生しながら読む 

 

これくらいやれば、音にするのが面倒という感覚になれます。

 

ボイスレコーダーを購入しなくても、今はスマートフォンに録音機能と倍速再生できるアプリがあるので、ハード面のハードルは低いです。

 

注意点としては完璧にやりすぎないことです。

本全部じゃなくて特定の1章だったり段落だったりで良いですよ。

 

なぜこの方法が効果的なのかというと、速読の本を何冊か読んでいると、声に出して読むことをワークとしている速読関係の本でこの内容が重複して解説されていることに気づいたんです。

 

ですから、何かしらの効果があるんだろうなと思っていたんですが、きっと「音にしようとしない」の感覚を体験するためなんだと考えています。

 

www.kousokutairyoinfo.com

 

すごい発見をしたかのように記載しましたが、実はこのやり方、『どん速』にも記載されていたんです。

 

疑似速読訓練が記載されているところです。(文庫版 P.52)

 

是非、再読してみてくださいね!

 

  

KTK(高速大量回転)法に興味があれば手元においてすぐに読めるしておくべき本です。今回の記事で解説しているように、デビっちんも何度も何度もくり返し読んで気づくことがありますから。 

 

それでは今回はこのへんで。

デビっちんでした♪