裏の高速大量回転法

KTK(高速大量回転)法のやり方、習得へのヒントを中心に発信していきます

高速大量回転法は弱者のための読書法

f:id:deviching:20180903094058j:plain

高速大量回転法実践家のデビっちんです。

 

高速大量回転法は、弱者のための読書法だなと感じています。

というのは、【新版】小さな会社★儲けのルールで解説されている弱者の戦い方にそっくりだと気づいたからです。

 

この本の中では「ランチェスターの法則」という軍事学を経営に応用しているんですが、これがKTK(高速大量回転)法とめちゃくちゃ近いと気づきましたので解説します。 

 

 

ランチェスターの法則

最初に、ランチェスターの法則って何?という人のために、2つの原則からご紹介します。

 

第一法則

攻撃力 = 兵力数 x 武器性能

 

第二法則

攻撃力 = 兵力数^2 (※) x 武器性能

 

※ 兵力の2乗という意味

 

この法則の結論だけを引用すると、

「兵力が少ない劣勢軍」の場合、ランチェスターの第一法則を応用し、

①射程距離が短い一騎打ち戦的な兵器を選び

②戦うときは的に近づいて一騎打ち戦をする 

③そのためには接近戦や一騎打ち戦がしやすいよう、身を隠しやすい戦場を選ぶ

となっています。

 

この文章だとなんだか少しイメージしずらいですよね(><;

 

ざっくり言うと、

兵力が潤沢であれば、遠距離戦をしかけることで被害を最小限に抑えることができる。

反対に、兵力が乏しいのであれば接近戦をしかけることで勝機を見出すことができる。

という感じです。

 

この本は中小企業経営向けの本でして、弱者の経営は営業エリアをを絞って、その中でトップを目指せというものです。

 

少しでも興味がわいたら、読んでみてくださいね。ビジネス本の中では名著と言われています。

【新版】小さな会社★儲けのルール

 

ランチェスターの法則とKTK法の共通点

ランチェスターの法則がなんとなくわかったということにして、この法則とKTK(高速大量回転)法がどう共通しているかを見ていきましょう。

 

ランチェスターの法則の結論部分をもう一度引用します。

「兵力が少ない劣勢軍」の場合、ランチェスターの第一法則を応用し、

①射程距離が短い一騎打ち戦的な兵器を選び

②戦うときは的に近づいて一騎打ち戦をする 

③そのためには接近戦や一騎打ち戦がしやすいよう、身を隠しやすい戦場を選ぶ

 

言葉を分解してみると、KTK(高速大量回転)法に重なる部分が見えてきます。

 

「兵力が少ない劣勢軍」

   ⇓

 ストックが少ない劣状態 

 

一騎打ち戦

   ⇓

読めることろだけ読む 

 

接近戦や一騎打ち戦がしやすい戦場

   ⇓

 範囲を絞ったエリア

 

読書に例えてみると、頭がものすごく良くてストックがたくさんある強者である天才だったら一度読めばすべて頭に入るのかもしれません。

 

しかし、そうではない僕を含めた一般ピーポーな弱者は、範囲を絞って何度も回転させるほうが結果として成功確率が高いのです。

 

なぜなら、ランチェスターの第一法則によれば、弱者は局地戦で戦うことで勝機を見いだすことができるのですから。

 

将来の自由度を高めるためにKTK法を学ぶ

ということはですよ、KTK(高速大量回転)法を実践し、そのマインドがデフォルトになれば将来独立したり起業した際にも成功確率が高まるとも言えると思うんですよね。

 

人生100年時代とも言われていますし、一生働く必要があったら選択肢は多い方が絶対よいです。

 

資格試験合格のため、1つの読書スキルの取得というだけで、KTK(高速大量回転)法を身につけるのはもったいないです。

ここまで視野に入れて学べば、習得確率も少し高まるはずです。

 

弱者のための勝負の仕方が解説されているのは、こちらの本です。

【新版】小さな会社★儲けのルール

【新版】小さな会社★儲けのルール

  • 作者: 竹田 陽一,栢野 克己
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2016/07/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

それでは今回はこのへんで。

デビっちんでした♪